« 食中毒デビュー | トップページ | 鴎が獅子を追い詰める? »

2010年クライマックスシリーズ開幕

今日からパシフィック・リーグのクライマックスシリーズ第1ステージが開幕となっています。今シリーズパリーグから出場するのは、福岡ソフトバンクホークス、埼玉西武ライオンズ、千葉ロッテマリーンズの3チームです。私の予想はチームの贔屓なしにみて大体こんな感じ。

本命 福岡ソフトバンクホークス

一番いい状態でシーズンを終えたチームです。不安といえば、先発投手陣が和田投手、杉内投手以外にちょっと見当たらない所だと思います。この2名以外の投手が先発で持ちこたえれば、磐石なリリーフ陣が待っています。

対抗 埼玉西武ライオンズ

3チームの中で一番安定した力をもっていたのに、終盤で調子を落としシーズン優勝を逃してしまいました。キャンプでどれだけチームを復調させたかが鍵ですかね?それに短期決戦ということで、シーズン中とは違い、奇襲っぽい試合の運び方が出来るかと思うので十分1位通過の可能性があるかと思います。

穴   千葉ロッテマリーンズ

贔屓をしているチームだけど、やっぱり1位を目指すこととなるとかなり苦しいですね。シーズン終盤もチームの状態は決してよくありませんでした。ライオンズとは互角に戦っていてもホークスには今年は結構負け越していて、2005年の様な事が起きるかどうかはちょっと微妙です。悩める韓国の4番、金泰均選手の使い方も鍵となってくるのではないのでしょうか。

こんなところですかね?でも、なんだかんだいってマリーンズを応援するんですけどねwそれにどう予想が覆るかといったところも、こういった催し物の魅力ではあるので、楽しみですね。さあ、どうなることやら。

さて次はクライマックスシリーズそのものについて。

 2004年にパリーグで「プレーオフ」という名前で導入されてから、もう6年経ちました。導入の理由は大まかに書くと、シーズン終盤、消化試合の数を減らし、試合の緊張感を少しでも維持するため。そして何より、当時閑古鳥だったパ・リーグを少しでも盛り上げる狙いもありました。当初はこの制度について色々と問題が指摘されました。その最たるものが「長いシーズンを戦ってきて漸く優勝をつかんだのに、短期決戦で日本シリーズ出場権が奪われてしまうのはおかしい」というものでした。かくいう私もそういった考えも多少もっており、2005年マリーンズが優勝した時も、この考え事態は変わらずもっていました。

 ただ、蓋を開けてみると多くの関心を呼んでかなり盛り上がりました。当時のパ・リーグの状況を踏まえると、セ・リーグが大手を振って歩いている(特にジャイアンツ)時代でなかなか世間の関心を引いてもらえないパ・リーグが試行錯誤して導入した制度だと思います。そして何より、2004年というとプロ野球合併問題で大きく揺れた年でもありましたしね。そういった苦難の道を考えると折角導入したこの制度をもっと生かす方向で考えた方がいいのではないかというのが私個人の意見です。

 今の大まかな制度はこんな感じ。

・第1ステージ(シーズン2位VSシーズン3位)は3戦やって、2勝で勝ち抜け。

・第2ステージ(シーズン1位VS第1ステージ勝ち抜けチーム)は6戦やって、4勝で勝ち抜け。

・シーズン1位通過のチームは本拠地開催の権限を持ち、1勝のアドバンテージ。

・シーズン2位通過のチームは本拠地開催の権限を持つ。

こんなところですかね。私個人の意見を付け加えさせてもらいますと、ゲーム差によってアドバンテージがもうちょっと増えたり、はたまた、そのゲーム差によってクライマックスシリーズの出場資格をもてなくなるなんて言うのもありじゃないのかなとも思います。

まあ、いろいろとだらだら書きましたがやはり楽しみは楽しみであります。さてさてどうなることやら、ですね。私はいきなり仕事で試合を見られませんがw

2010.10.10 修正

|

« 食中毒デビュー | トップページ | 鴎が獅子を追い詰める? »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食中毒デビュー | トップページ | 鴎が獅子を追い詰める? »