« 一般常識テスト | トップページ | ヨーグルティング終了 »

カミカゼ・カサイ

昨日、企業説明会と入社試験、面接を受けてきました。手応えは・・・・・。結果はまだ出ていませんが、まあこれを糧にして次に行きましょうw

さてさて、そんな中でバンクーバオリンピックが開催します。また地球の裏側の開催ということで、果たして生で見られる競技はいくつあるのやら・・・・。

私が注目している選手は何人かいますが、その中の一人、ノルディック・ジャンプ代表葛西紀明選手が早くもノーマルヒルで出場予定です。

「カミカゼ・スタイル」の通り名は、一時期長野オリンピック金メダリスト船木和喜選手がよばれていましたが、元はといえばこの葛西選手。V字に開いたスキー板より体を前に投げ出すのではないかというような攻めのスタイルがこう呼ばれる所以となったようです。葛西選手は実績はありながらもなかなか大きな大会では勝てないようですね。オリンピックだけでみても、リレハンメルでは団体金は確実といわれながらも、アンカー原田雅彦選手がまさかのだい失速。長野オリンピックではラージヒルと団体のメンバーから外れてしまいました(ノーマルヒルでは7位)。その後はルールや規定の改定のため他の選手共々不安定な成績になってしまいました。しかし「どうしても金メダルを取りたい。」という執念とも取れる意気込みで37歳の現在、バンクーバーでの代表の座をもぎ取りました。

色々とルールや規定が変わった現在、正直他の日本の選手同様、葛西選手がメダルを取るのはなかなか難しいと思います。でもそのひたむきさに対して応援したいですね。

最後に・・・・。

某スノーボード、ハーフパイプ代表選手が、成田空港でだらしない服装をし、その後のインタビューにこのことについて問われても「チッ、ウッセーナ」「反省してま~す。」と他人事の返事をし、その後ニヤニヤした態度が報道されました。服装は競技に関係ないなんていう声が聞こえてきそうですが、その場の空気を読むぐらいは出来ないのでしょうか。そしたら服装は自然とどういったものか決まるはず。その程度の空気が読めない方はご退場願いたい。そもそも、ハーフパイプ日本代表と言えば前回のトリノで散々醜態をさらしたはず。その間、全く再教育されなかったってことですね。このような人物に税金が使われているとなるとむなしさも感じます。なんでも銀メダルが予想されているようですが、仮にメダルをとってマスコミにチヤホヤされていても、私は見向きもしたくないですね。

|

« 一般常識テスト | トップページ | ヨーグルティング終了 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一般常識テスト | トップページ | ヨーグルティング終了 »