« アイマスシルフィード | トップページ | 上手な化粧を落とし生まれたままに生きている自分を愛してみよう »

不況の流れのなかでも光明というものはあるものですw

 日曜日、近場のデニーズが不況のあおりを食らって閉店しました。何でも25年以上つづいた店だったのですけど、新興店の方が集客力が見込めるという話らしいです。デニーズのモーニングメニューは結構お気に入りでここで土日まったりするのが好きだったんですけどね。大型家具店の建物が建つ前は白峰連峰の眺めは良かったです。そんな中で派遣先が決まらない私もいよいよタイムリミットが決まりました^^;1月末までの勤務になり、とりあえず給与に修正かけて全国対象という形にはしてもらってはいるのですが、正直もうここの会社には愛着はありませんね。デニーズの店長さんと「ここで転換するいい機会なのかもしれませんね。」と話していました。まーそんな中で私にとってちょっとうれしいニュースもあるわけでして・・・・・。

 ・・・・まー野球の話なんですがね。BLOGのネタ作りということで、野球ネタ再開です。興味のある方だけどうぞ。

 楽天イーグルス公式による入団会見

 かつての弱小不人気球団マリーンズを支え続けた一人、小坂が東北楽天イーグルスに移籍しました。要はパリーグ復帰。いや~うれしいですねぇwこれからはユニホームは違えど、小坂の守備が見られる機会が多くなると思うと来年も楽しみです。

 下手スりゃ小学生より低い身長で、フィールドを所狭しとかけ回り、普通ならヒットという打球でさえさくっと捕球、あっという間に一塁へという軽やかな守備は「チームは負けちゃったけど小坂のファインプレーみれたから・・・・」と当時のマリーンズファンを納得させるものがありました。現アストロズの松井稼頭央とは守備と盗塁とで競い合い、パリーグを代表するショートとなりました。当時まだドラゴンズファンだった私は、小坂の守備をみてドラゴンズの試合にチャンネルを変えると、当時内野手だった福留の守備にげんなりさせられたものですw山本マリーンズ最終年にマリーンズにファンにかわって、小坂の守備を見るのを楽しみの一つになり、2005年には優勝も見届けましたが、そんな中で小坂は堀、西岡とともに2遊間を支え、功労者の一人でした。しかしその年のオフ、多くのマリーンズファンを震撼させる、「小坂トレード」の報。相手が読売でしかも金銭ということで多くのファンの怒りを球団は買うこととなりました。バレンタインの構想外、巨人の守備のバックアップ欲しさということだったらしいですが、当時優勝して高騰したバレンタインの年俸も多少なりとも関係しているのではないかと思っています。だからといって小坂ほどの選手を金銭とは・・・・・。当時出番に飢えていた鈴木やら清水やら矢野あたりを何でとって来れなかったんでしょうね?その後の小坂の抜けたマリーンズ。西岡は頭角を現してきたものの、思ったより早かった堀の衰え、そしてバレンタインが期待した青野の怪我、塀内の伸び悩みがチームを苦しめ、翌年4位。今年に入ってから根元が頭角を現してきましたが、なんども「ここで小坂がいてくれれば・・・」と思ったことが何度あったことか・・・・・。そして巨人にいった小坂。セカンドへの不可解なコンバート、巨人首脳陣の?な起用法、そして小坂自身のケガと不調に陥った事より、小坂の出番は少なくなりました。小坂ほどの選手がこれほどまでの状況に陥ってしまった、マリーンズと巨人の責任は大きいかと思います。

 そして今回の件・・・・・。またもや金銭ですが、今回は小坂のためにも良かったと思います。そして奇しくも「イーグルス初の地元出身選手」となりました。正直小坂自身の年齢や体調、これから選手を育てていかなければならないイーグルスの台所事情でロッテに居た頃より出番は少ないと思いますが、来年マリンススタジアムで生の姿を見るのを楽しみですね。・・・・・って私がさっさと次の仕事見つけないと・・・・ww

 小坂の動画「小坂ZONE」

一塁に倒れこむ城島、天を仰ぐ高木大成がなんとも象徴的です。

今日のHMO「テラクレスタ」

|

« アイマスシルフィード | トップページ | 上手な化粧を落とし生まれたままに生きている自分を愛してみよう »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アイマスシルフィード | トップページ | 上手な化粧を落とし生まれたままに生きている自分を愛してみよう »